ワタシがお母さんになっても

丁寧じゃなくても幸せな子育てはできる!

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

幸せを大袈裟に外に出すのに抵抗がある

日常の幸せを感じましょう~!っていうのあるじゃないですか。

幸せのハードルを下げて、幸せ感度を上げる!みたいな。
分かる。
遠くの幸せを見ててもなかなかたどり着かなくてウンザリするけど、上手くいったことやラッキーだったことを少しずつ見つけると「自分の生活も悪くないな」と思うし、好きだと思えるようになってくる。

今日晴れて良かった!洗濯物干せる~!
とか、
いつもよりスッキリ起きられた!いい事起きそう☆
とか。

たまにすごく大袈裟に表現してる人を見て、なんかまだ私って照れがあるのかな、って思ったりする。

対面で話してる人にそれを言ったら「スピリチュアル系の人かな?」って思われそうな気がしたり。

手帳に「こういう事が嬉しかった」とか書くくらい。あとTwitter笑。

こういう事が嬉しい!好き!みたいなのをもっと表に出せるようになりたいな。
まぁ、わざと大袈裟にしなくていいか。

うん。

以上

夢をかなえるゾウ文庫版

夢をかなえるゾウ文庫版

最近読み終わった