てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

もし変身して家族の前に現れたら?「ミセス ダウト」【映画感想文】

アマゾンプライムに入っているので、休日は 映画三昧です!!!!

今回観たのはこちら。

ミセス・ダウト (字幕版)
 

アメリカ人ってめちゃくちゃ子供好きだよなぁと思いました。

簡単なストーリー

話しが面白くて、子供たちに愛情を注ぎまくる。寝る前は面白おかしく絵本を読んでくれる。でも仕事はすぐに辞めてくる、仕事をしないのに家事もしないという夫に妻はイライラ。ある日浮かれに浮かれてしまった夫に、妻はついに離婚を切り出します。

妻が家政婦を探していると知り、夫は持ち前の演技力と兄の特殊メイク技術によってエレガントな老婦人に変身。

家政婦として家に入りこみ、子供や妻がいつもと違った表情をするのに気づき、心を入れ替える、といったストーリーです。

うだつが上がらないけれど、最高の父親

 

夫は仕事をすぐに辞めてくる、なのに家事もしない。確かにこんな人間が父親面して家にのさばって、叱ったり後片付けや迷惑をかけた人への謝罪、各種後処理をさせられたら・・・!と考えるだけで頭が沸騰しそうです!!!

でも子供のいい所を手放しでほめたり、喜ぶことをしようという姿勢は父親として最高だなとは思います。

もし自分のパートナーがそんな人だったら・・・。う~ん。

 

違う視点から家族を見つめる

主人公は家政婦となって自分の家に入り込みます。

そこで、夫や父親としての自分では見ることのできなかった家族の悩みを垣間見るのです。

妻が仕事や家族のどういう事で悩んでいるのか、夫としての自分にどういう感情を抱いているのか。

子供達が本当の親には見せられない不安を抱えている事、そして両親を愛している事。

奥さんは夫と別居している間にお金持ちでハンサムな元彼に言い寄られます。経済力があり、仕事でもプライベートでも同情的で協力してくれそうな元彼にかなり大きく揺れます。

後半では家政婦に化けた主人公と一緒に家族全員でディナーに!というシーンが。あの手この手で恋路を邪魔する主人公がとても可笑しいです。

好きなシーン

主人公は会社の偉い人に仕事で認められ、子供向け番組の司会をを任されます。
ラストに子供達からお手紙を受け取り、それに答えるというコーナーがあるのですが、一番下の娘が手紙を投稿しました。
「両親の事が大好きなのに、離れて暮らしている。どうしたら一緒に暮らせるのか。それとも私が悪い子なせいなの?」
自分の娘が送ってきた事を知ってか知らずか、彼はこんな風に答えます。
「家族にはいろいろな形がある。そばにいない方がうまくいく事もある。君のご両親は君を愛している事には変わりないし、君が悪いんじゃない。」

幸せに過ごすための方法って色んなパターンがあるんだろうね

子供にとっては愛情深くて、いつも楽しませてくれて、締め付けのキツイ母親よりも良いかも知れないけれど夫としては厳しい部分がある。
いつも私が悪者!と奥さんがいうのも分かる。
気になるもんは気になるしね!
家族のメンバーがより幸せに暮らすためにはどうしたらいいんだろう?って事を考えた結果、この物語の家族は両親が離婚という形になってしまいました。
親がハッピーじゃないと子供はハッピーを感じにくい。たまに「あなたのためにお父さんやお母さんはこういう事を我慢しているの。」とのたまう親がいるが、そんな事はどーでもいいんや。我慢するのは勝手だが、子供に当てつけるようにいうのはやめていただきたいもんですね!

もし特殊メークで変身できたら

私もこんな風に特殊メイクで他人になったらどんな風に世界が見えるのかなぁ( ^ω^ )
イケメンに変身してナンパとか?っていう貧困な想像力しかないのですが…。
あなたは何に変身したいですか?
 
以上!