ワタシがお母さんになっても

丁寧じゃなくても幸せな子育てはできる!

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

誰だってその立場になりうる

子供が出来てから、虐待のニュースがホントに辛い。
たくさんの人が色々発信してるので、私が言うこともないなと思ったのだけれど、やっぱり心の中を出しておきます。

私も虐待をするかもしれない

子供が出来たと分かった時、嬉しかったけれどそれよりも怖かったのが正直な所。
私が母親で大丈夫か、殺してしまわないか、深い心の傷を負わせてしまうのではないか、などなど。
ハム子が生まれてからも、その恐怖はずっと心の中にありました。

疲れが余裕を無くしてしまう

睡眠不足だったり、上手くいかない事が増えてきたり、疲れるとしわ寄せが子供に行ってしまいそうになります。
食事がよりテキトーになったり、子供の遊びに付き合えなくなったり、言葉がキツくなったり。
何よりしんどいと感じるのは辛い事を口に出せない時。
子育ての最初の方は、話し相手も少なく、弱音を吐くのがなんとなくはばかられてそれが悲しかった。
可愛い子供が産まれたのにしんどさ、辛さばかり先行するのを誰かに話せなかった。

他人事な夫が不思議で仕方ない

報道を見て、夫は「ありえない、こんな事する奴は地獄に落ちろ」と言っていた。
夫は娘を愛しているし、愛されて育ってきた。
今回の事件は大変悲しく、犯人はその罪を引き受けるべきだと思う。
けれど、この人は私が子供に虐待をしてしまうかもしれない、と思わないのかなととても不思議に思う。
私だってここまで追い詰められてはいないけど、手を上げそうになる事もある。夫にはそういう事が無いんだなと思うと何も言えなくなる。
だからTwitterとか、夫が見てない所でそっとつぶやく。

虐待をしないように、心がけること

しんどい時は距離を置く
溜め込まずに軽いうちに吐き出す
助けてと言う
人のせいにして立ち止まらない

これだけは、と気をつけていることです。
孤独にならないこと、1人の時間も持つこと、独りよがりにならないこと。

もう少し子供が大きくなったら別の悩みも出てくるんだろうな。頑張ろ…

以上

また食べムラが出てきて準備が辛くなったので最近また使ってます