てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

助かった!妊娠初期でお役立ちアイテム紹介します!

どーも!

妊娠37週になりました。所謂生産期といわれる時期。それより早く産むと「早産」と呼ばれます。

f:id:mamashizue:20161106113351p:image

妊娠初期の体の変化等に関するまとめはこちら

 

妊娠超初期~妊娠初期についての記事まとめ - てけれっつのパ

 

妊娠検査薬

最近調子が悪い、生理が遅れている気がする、もしかしたら妊娠しているかも?となったとき、病院に行く前に妊娠検査薬を使用するのが一般的。

おススメは2回分タイプ。なぜって検査薬は早く使ってしまうと反応しない場合があるからです。気になったらまず1回分使って、陰性の場合は生理予定日から1週間ほど待ってから使ってみましょう。

検査薬によっていつから反応するか違いますので、説明書をよく読んで正しく使いましょう。

 

妊婦向け雑誌

妊娠がわかったり、そうかも?という状況になると、情報がなくて不安になるもの。1冊で一通りわかるのでお勧めです。ネットで検索すると断片的な情報が出てきたり、不安になる情報ばかり出てきがちなので、まずはひとかたまりで。

 

 

 特に妊すぐは、ゼクシィと同じリクルート系列なので、お買い物をするとリクルートポイントが使えるのでいいかもしれませんね。

また、母子手帳ケースやマタニティマークなんかが付録としてついてきますので、良いタイミングで買ってみてほしいですね。

マタニティマーク

マタニティマークはわざわざ自分で用意しなくても母子手帳をもらうときに一緒についてきます。ですが、母子手帳は胎児の心音がわかる6~10週で医師から書類をもらってからの支給となるので、それまでは持っていない状況です。

つわりがある時期は人によってまちまちですが、母子手帳をもらう前から体調が優れない場合は先に準備して使用しておくとよいと思います。

雑誌の付録としてもらえることが多いので、うまく活用してください。私は雑誌の付録と、母子手帳と一緒にもらったものの二つを使っていました。小さい鞄と大きい鞄にくっつけて、付け替えが必要無いようにしていました。

 

マタニティキーホルダー ハート

マタニティキーホルダー ハート

 

 

食べ物関連

妊娠初期、食欲がいまいちだったときにお世話になった品々。

フルーツジュース

すっぱいものが食べたくなると噂の妊婦生活ですが、酸味の強いものはかえって吐き気を催す場合が多かったです。

 

 

 りんごジュースの中でも最強の部類の美味さ。青森の人も強くお勧めしています。

 

 ほしいものリストに入れていたら届いた!甘くておいしいし、ビタミンがたっぷりなので体にいいです。

 

 カゴメのミックスジュースは種類が多くて飽きないのでお勧め。季節によってモノが変わってくるのでそれも楽しみ。

果物系

料理したり、洗い物のにおいがきつくて果物系のものばかり食べていました。

元気がなくてもすぐに食べられるものをストックしておくと気持ちが楽になるのでどうぞ。

 

 ほかに、包丁などを使わなくても食べられるものはいいかも。

 

スーパーでカットフルーツなんかもよく買っていました。高いけど、ほかの食材を買っても加工できないので割り切ってたべてました。

冷凍食品

冷たいものばかり食べていると調子悪くなるので、あったかいものも。でも片付けがだるいので冷凍食品を常備していました。

 

 食べるまでその時に食べられるかわからないという点が一番しんどかったです。

補助食品系

 

 食欲が落ちる人は必然的に栄養不足になります。特に貧血になりやすいので、医師と相談しながらサプリメントの摂取も検討しましょう。

妊娠初期にあんまり食べられない程度の場合は心配ありませんが、やはり気分の良いものではありませんから、積極的に対応していきましょう。

また、「妊婦に良い」とされる葉酸は胎児の神経系形成に必要な栄養分ですが、過剰摂取は逆に奇形の原因ともされています。表示されている分量以上に摂取することの無いように注意してくださいね。個人的には鉄分とビタミン、カリウム、カルシウムのほうが欠乏して困ることが多かったです。

日用品

妊娠して最初の時期に感じたのが「なんだか家の中がくさい!」ということ。嗅覚が敏感になりました。それに合わせて変えたものなどなど。

無香料の洗剤

洗剤の匂いがダメになりました。特に柔軟剤。

柔軟剤を使わないとごわごわになるかな?と心配したのですが、タオルなんかは干し方を工夫すれば柔軟剤を使わなくてもふわふわに仕上がりました。

どうしても硬くなりがちだったり、匂いが気になるときはクエン酸やお酢を水で薄めて対応していました。夏場は干した後に焼ミョウバン水を霧吹きで吹きかけると全然匂いがしなくてびっくりしました!

 

 

全身シャンプー(無香料)

お風呂も匂いでいっぱいの空間ですよね。

それまで大好きだったココナッツ、バニラ、ローズなどの甘い香りがダメになりました。妊娠発覚した数か月前にハワイに行ったばかりで、お土産に石鹸を買ってきたのですが全く使えず封印しました。悲しい。

 

 ミノンの全身シャンプーは髪の毛も洗えてギシギシしなかったので重宝しました。買い物に行くのもなんだかダルかったので1種類だけ買い足せばいいのがすごく気に入っていました。

ホホバオイル

洗剤よりも厄介だったのが化粧品。最近の化粧品はいい香りがするものがたくさん。顔に香料の入っているものを近づけるとものすごく気持ち悪くなったため、結構きつかったです。ボディクリームなんかも香料入りのものが多いので悩んでいたのですが、ホホバオイルで代替できたのでずっと愛用しています。

お風呂上りの体が濡れている状態のところに足の先から顔、髪に至るまでバババ!と塗ってタオルで水分を吸い取るとべたつかず、もっちりとした仕上がりに。

女優の石原さとみさんも同じような使い方をしているらしいですよ!!!!

 

 

無印良品 ホホバオイル JOJOBA OIL 200ml

無印良品 ホホバオイル JOJOBA OIL 200ml

 

 

 ポンプタイプが便利なのでおススメ。

他のオイルも試してみたのですが、私にはこれが一番合っているようでした。

 

いかがでしたでしょうか?

妊娠初期はまだ胎盤が形成されていないために胎児の栄養や酸素補給を母体がすべて行っています。体調の変化に心もついていけないということで心身ともに疲れてしまう妊婦さんが多いので、「これをしなくてはいけない!」と気にするよりも、しっかり休息をとることやリラックスすることに重点を置くほうが効果的だと思われます。

自分なりのペースを見出して、安らかなマタニティライフを送られることを願っております。

 

以上!