読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

オカン、インベスターだったわ。

 

インベスターZ(2)

インベスターZ(2)

 

 

セールでキンドル版買いました。面白すぎてニーサ始めることを決意。そしてセブン銀行口座つくりました。しずです。

オカンすごいなーって話です

うちの母親は子供4人を大学まで送り出しました。

母親が結婚した当初は結婚したら仕事辞めるのは当たり前だったし、子供4人もいたらそりゃなかなか仕事は続けられんわな。高卒だったこともあってたぶん正社員で働いたのはほとんどないはず。

それでも私の記憶の中で母親が働いてない時期はほとんどなくて、いつもパートとかで働いてた。

大学卒業する頃になってようやく自分の母親の凄さに気づいた。どーやってお金の工面してたんだろ…と。

野村証券から電話来てたな

週に一度くらい母親宛に電話が来ていた。営業の電話だと思っていたけれど違ったんですね。

多分事前に母親が指定していた銘柄や何かを売り買いしたり、オススメの銘柄が出た時の相談だったんだと思う。

よく新聞見てた

母親がよく見てたのはお悔やみ欄(何故)と、株価の所。

高校の授業でその欄を見てみましょうとかあった気がするけど、全然分からなくて放置してたなー。

私がそこを読んでると嬉しそうにしてたっけ。興味なくなってごめん笑。

今思えば次にどこが上がるかリサーチしてたんだろうな。

大学資金はそこからでていたのか

てっきり学資保険あたりから出していたんだと思ってましたが、株やら外貨やらの利益で捻出していたようでした。

たしかに学資保険も入ってましたが、まるまる組み直して新しい定期預金などにしています。今年私にくれるそうです(嬉)

そのお金も娘に回しそうですが…。

ありがたや

大学受験に失敗して浪人する時もさほど動揺を見せずに現ナマで授業料を差し出した母親。

本人が大学に行きたかったという事もあり、父親が「女の子なんだから短大でいい」とかいうのを華麗にスルーして「行きたい所あるなら行きなさい」と言ってくれました。

大してやりたい事もなかったけれど、ぼんやりと「留学くらい行ってみたい」とか「地元の人以外の友人が欲しい」程度のモチベーションで大学進学。

今でも定期的に連絡を取ったり会ったりする友人に恵まれ、夫とも出会う事が出来、なんとか仕事にもありつけているのは大学に行けたからだなーと。

何回もこのブログに書いてるけどマジでありがたや!

私もインベスターになる日がやって来た

はっきり言ってマネーセンスゼロ。色々本読んだりしてもイマイチわからないのでやってみるのが手取り早いんじゃね?とやる事にしました。

幸い夫がニーサをやっているので、一緒に手続きしてもらっていました。わーい。

ようやく重い腰をあげてトライしてみることに決定!

最終的には不動産投資もやってみたいなーとか思ってます!

いえーい!

 

以上