読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

暇すぎて余計な事ばかりかんがえてしまいます。

雑記

暇さえあればツイッターで手当たり次第絡んでしまうという奇病に侵されています。

不快な思いをされた方がいらっしゃいましたらこの場を借りて謝ります。ごめんなさい

f:id:mamashizue:20160710105448j:image

まぁ、持て余してるよね

現在妊娠六ヶ月。

つわりはおさまり、かといって食欲が爆発して体重増加に悩むでもなく。運動しようにも、すぐに疲れてしまって軽く歩く程度。

職場には引き継ぎ相手が来てくれて、教えるのに多少のストレスを抱えてはいるものの、教わる方に比べたら、あとは休む身としては気楽なものです。産休までのんびり見守りながらフォローするのみです。

ざっくり暇だな、なんて思うのですが何か新しい事をしようとも思えなくて、停滞している感じ。

タイムラインを見て刺激されているの

ツムツムをやってみたり、vitaでゲームをやってみたり。ログレスもやってみたけど敵がいきなり強くなっちゃって、やる気失せてしまって。

ツイッターには色んな考えがざざざーっと流れていて、ついつい面白くて反応してしまう。その度に「こんな事考えてるんだ、自分」と発見があって面白い。

しばらくブログを読む量も減っていたけれど、ちょいちょい読むようになって、ブクマコメントも懲りずにつけている。

今は新卒フリーランス、選挙あたりでお腹いっぱい。前はミニマリストとか生活に関する事を熱心に読んでいたけれど、自分の生活との乖離に疲れてしまったり、また揺り戻しがきていたり。

落ち着いた方がいい?でも…

人間暇すぎると余計な事ばかり考えてしまうものらしい。悩み事を抱える人も、ある程度忙しくなるとうだうだする事がなくなるようですよ。本当に必要ならさっさとやるもんね。そらそーだ。

色んな事にフッと反応しつつも、長続きしない。もう少し落ち着け、って言われているような気持ち。

最近夫とのラインがあまりにもワンパターンになっていて、自分に物足りなさを感じています。

子供の事と、お盆休みの事くらいしか話してない。お腹の中の子供は私が相当悪さをしないかぎり勝手に育っていく。それだけでもすごい事だなぁ、嬉しいなぁ、幸せだなぁ、と思うのだけれど。なんなのこの物足りなさ。

情熱が羨ましいの。

フリーランスの事が話題になっている。そんな風に見える。

他の人が話題にしてるからだけでなく、自分が世間一般で「ふつうで、恵まれている」ところが何故かコンプレックスだった。罪悪感と言ってもいいかもしれない。

そういう自分に育ててくれた周りの環境や、親の努力にはとても感謝しているのだけれど、

他の何をかなぐり捨ててもこれをやりたい

誰に何を言われてもこれが好き

っていう物を見つけた人達の輝きがとても羨ましい。

知り合いの話

学生時代の知り合いに、親を随分困らせた人がいる。

親御さんは連絡の取れない子供の事を私に相談してきた。

学校に行っていないらしい事、好きな事をやるといって就職しない事、その他諸々だ。

親御さんの事は知り合いから聞いていた。知り合いからすれば毒親の様な感じだろうか。世間一般の「常識」みたいな物を通してほしいという気持ちが先行しすぎて、子供の気持ちを無視してしまう。「あの子のため」が口癖だ。

親御さんの話を聞くたびに、その知り合いの事が羨ましく感じる。

「こんなに親に迷惑をかけているのに、プレッシャーをかけられても、突っぱねてやり抜いてやると思っているところが凄い」

妬みもあるので、意地悪な考えが出てしまうけれど、やっぱり羨ましさはある。

ひとしきり親御さんのお話を聞いて、「大変ですね、お身体に気をつけて」とお別れをした。

私の情熱は、一体どこにあるんだろう。

帰り道、ぼんやりと考えを巡らせた。

周りに迷惑をかけたいとは思わないけれど

度々、「今後どうしていきたいと思っていますか?」という問いを投げかけられる。

その度にわたしは打ちのめされる。

今のところは健康に、平和に暮らしたいと思う。

仕事が続けられなくなったら?子供が生まれて状況が変わったら?

どうしよっかな。

いつもそこで思考が止まってしまう。ヤバイバイバイ

焦りだけが最後に残る。パンドラの匣だって絶望のあとに僅かな希望が残るのに、なんてこと!

まだこんな事を考えられるうちは余裕があるんだな。そう思い込む事にします。

 f:id:mamashizue:20160710105449j:image

選挙行ってきた。証明書がイメージと違って少し残念。

 

以上。