読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

結婚式のあれこれ②~ゼ○シィ購入からの放浪の旅~

ゆとりのしずです。

前回の記事

mamashizue.hatenablog.com 

結婚式をすると決めたんです。 

結婚式、初めはしなくていいなと思っていましたが、母親の一言でやる事にしました。

「もうウチの兄弟姉妹が集まるのは葬式くらいだねぇ。」

 父は私が退職する前の年に亡くなりました。

その際、父と母の兄弟、つまり叔父、叔母達がすごく良くしてくれました。葬式なんて出したことなくて動揺していましたが、長男長女たちは色々先回りして手配をしてくれました。

そんなこともあり、是非この機会に親戚達に礼をしたいし、会いたい!何より母とその兄弟達を会わせてあげたいと思いました。

普段はそれぞれ家庭があり、孫もいるしでおいそれと会えません。

まずは会場!

 まずは場所を押さえなければ!と思い、かの有名なゼ○シィを購入。

ファッション誌は付録を付けるようになってから高くなりましたが、こちらは320円くらい?安いじゃないですか。

案内では4冊買えば安心!とありますが、1冊で十分です。まぁ2冊買ったけどね! 巻末のアンケートに答えると図書カードが貰えます。

ゼクシィ首都圏 2016年 2月号

ゼクシィ首都圏 2016年 2月号

 

 地域ごとに違う本なんですよね。買うまで知らなかった。きちんと考えればわかる事ですが(汗)

 私達の希望

 会場の希望としては以下の通り。

  1. アクセス良好
  2. 遠方ゲストでも宿泊先を手配してあげられる
  3. 予算が少なくても大丈夫
  4. 担当者が良い感じ

 です。

テーマをよく聞かれたのですが、ソンナモノはないです。しいて言うなら同窓会。

式でぼんやり考えていたことはこんな感じ

  • 懐かしい人たちに会って、おいしいご飯を食べてもらう。
  • 特別な演出なし。
  • お色直しなし(親や友人、担当者のすすめでやる事にしました。)

そうだ!相談しよう!

 当時は無職だったので、時間的には自由!

ゼクシィをぼんやり読んでても分からず、「見学にいきたいな~。でも多すぎて絞れないな~。」と思っていました。そこで、札幌にあるというゼクシイ相談カウンターへ行きました。 

札幌の結婚式相談│ゼクシィ相談カウンターで結婚準備、披露宴準備の相談をしてみよう!|ゼクシィ 

当時はここしか知りませんでしたが、他にも結婚式に関する相談ができる場所はたくさんあるようです。

 札幌だと大丸とか、札幌コンシェルとか。

最近だと家具屋さんなどでも相談に乗ってくれるみたいですね。

そこはやはり大手、とりあえず、という感じで行きますよ~。

ゼクシィ相談カウンターに行ってみた

 やはり結婚情報誌最大手のゼクシィ、情報は多かったです。

予算やゲスト人数、好きな雰囲気など、A4紙2枚に渡るアンケートに答え、良さそうな会場をいくつかピックアップしてもらいました。

さらに、予定を伝えて会場見学予約してくれることがあります。親切!

ゼクシィには会場見学をネットから行えるサービスもありますが、やはり担当がいるとやりやすいですね。

 選び方は色々あります。

 式の準備も佳境になったころに、「会場から決めるのはあまりよくない」とか、「予算は自分たちで最初から細かく決めておきましょう」という情報を見て愕然としましたが、特にカモられてる感じはしなかった(納得価格だった)ので、無視しました。

なので、もし結婚式の事で何かこだわりたい事があれば、

ゼッタイこれ!!!

と決めておいて、そこから攻めた方がいいようです。

 例えば、

母親からドレスを譲ってもらったからこれを着たい

  • ドレスを持ち込みできる会場でなければならない
  • ドレスを持ち込む時の料金を確認する

パティシエの友人にウェディングケーキを作ってもらいたい

  • 食べ物の持ち込みが出来る会場
  • 他の料理とのバランスが取れる

他、引き出物や引菓子など、こだわりのお店があるのであればそこと取引している会場にしたり、という願望を丸出しにしなければならないのです。

最後に 

 私達のように、「なんとなく結婚式ができればいい」となると、決定する軸が無くて意外と苦労します。

こだわりポイントを一つと、いくらまでなら確実に用意出来るのかはチェックして、そこから会場を決めた方が良いです。

特にお祝儀は人によって入れる金額違いますから、親に頼るなら頼るで初めに決めておいた方が後々のトラブルにつながりにくいです。 

そんなこんなで、リストを手帳に書き込み、放浪の旅に出るのでした。

 

 

以上!

次⇒ 

mamashizue.hatenablog.com

 トラコミュ
☆○Ooウェディング・ブライダルoO○☆

中の人

自己紹介。ゆとりのしずです! - ゆとり主婦日誌

ランキングを上げるゲームに取り組んでいます!