読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

父親とか母親とかについて考えてみた。

こんにちは。ゆとりのしずです。

始めたころに行った勉強会で、「ブログより明るいね!」と言われました。

なんでだろう?と思ったのですが、普段外に出さない(というかうまく出せないし、求められてない)事をかいているからだと気づきました。話題がけっこう暗いというか、明るくないんですね。

そういう部分を出したくて始めたかもしれないので、「明るく自分をプロデュースしよう」とは思わない事にしました。

 

もう少し上手に書く事ができたら良いのだけれど。なんか、知性とか出たら素敵。

 

さて、皆さんの親御さんはどんな人だろう?親御さんとの関係はいかがだろう?最近、人様のご家庭が気になって仕方ない。

なんでだろうな~と考えたら、やはり結婚して家族が倍になったからかしら。

夫の実家に行ったり、義理の両親の実家両方に訪問すると、やはりそれぞれルールや雰囲気が違うので戸惑ったり、「あ、これウチと一緒だな」と発見したりして楽しい事がある。

yahoo!の知恵袋などでは、嫁姑関係の相談がたくさんあふれている。これから私もこれに悩むことになるんだろうか?

 

ドラマやアニメなどで、母親が子供に対して「勉強しなさい!」と言って子供が(今やろうと思ってたのに。。。)というシーンはべたな展開としてよく出ますが、うちはそういうのなかったです。

父親がよく言っていました。あとは、「女の子は嫁に行くから進学なんて・・・!」という発言もしていました。反抗期真っ盛りの私は父親が薦めていた父親の出身校ではなく、他の学校に行きました。女かよ。って思ったこともありますが、父は父なりに私の事を心配し、気遣ってくれていたんだろうと思います。ちなみに就職の時も「民間は大変だからヤメロ!」と口出しして来ました。ごめんね父さん、私に選択肢はあまりにも少なかった・・・。

「まぁまぁ、あの子の好きにさせてあげよう」なんていう事は、母親がよく言っていました。大らか。今の所運命に身を任せようスタンスは母親に似ています。同性だからかしら。

 

父親と母親の発言は、世の中の定番と逆で、なんだかおもしろいなぁと思ったことがあります。

 

いつか私も母親になりたいと思うのですが、自分が一体どういう母親になるのか、期待と不安でごっちゃですね。

親に言われて嫌だったこと、うれしかったこと、親のイヤな部分、好きな部分、全てではないけれど、自分につながっているんだろうな、とふと思いました。

 

 

くらいな~(笑)

 

あ、そういえば月末はハロウィンですね!

2回位ハロウィンの名目で集まる予定なので、そのことについて書けたらいいな!!!!

 

 

以上!!!!