てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

母親は自由過ぎる!けど私を自由にしてくれる。

出産直前なのでオカンを独り占めしてみました。60オーバーですが、小さい村に住んでいるため農作物の収穫アルバイトをしている母親。

忙しいらしいですが、何とか妊婦姿を見てもらえる事になりました。

似た者母娘

親子関係はすこぶる良いというか、お互いすごく似た者同士です。

どういうところが共通しているかというと

相手に期待しない

ってところでしょうか。

お母さんだからこうしてよ!

娘なんだからこうしてよ!

って考えがないです。

外では否定されがちなドライ過ぎる発言も、母親の前なら出来るのでかなりラクです。

f:id:mamashizue:20161023094437j:image

無駄なおもてなし不要

何処か行きたい所は無いかと言われてリクエストのある場所は大体お金のかからない所です。

今回は北海道神宮に行きたいと言い出したので、連れて行きました。

母親は植物に興味があるので、「あの木は何だ?」とか聞かれます。

f:id:mamashizue:20161023095210j:image

お散歩してご機嫌なオカン。

 

そしてガンガン歩く。さすが田舎暮らし。足腰強過ぎるよ。危うく円山登山させられる所でした。勘弁してくれ笑

f:id:mamashizue:20161023094417j:image

だるい時は放置

その後紀伊国屋に連れて行ったら1時間くらい図鑑を探していました。

 

 なんかこんな本読みたいらしいです。無くてしょんぼりしてた笑

通販で買ってやろうかと思ったけど、手元に欲しいんじゃ無くて図書館に置いて欲しいみたいです。リクエストカードを書くんだ!!

本を探してる間私はカフェで休憩っす。

地下鉄一日乗車券に興味津々

普段地下鉄になんか乗りませんから、色々行きたかったみたいです。帰る駅さえ覚えればテキトーに動き回っても戻れますから放置も出来たのですが、ケータイ電話を私の部屋に忘れてきたので禁止しました。迷子になられても困る…。笑

お寿司に文句

釧路地方に住んでいるので寿司に厳しいです。

なにやらブツクサ文句言ってました。もう来ないよ、ごめんよ…。

「店で文句言うの嫌だからやめてくれ」

と言ったらやめてくれました。素直。いいこ。

f:id:mamashizue:20161023095147j:image

 彼女の娘なんだなぁという実感

いや〜、本当にしみじみ思いましたよ。

自分のできる範囲の事しかしない

という省エネ思考は母親譲り。

だって出来ない事について考えても仕方ないじゃん!

世の中は理不尽なもの

他人はコントロール出来ない

やる気スイッチは意図的にオンに出来ない

飾り付け出来ないなら清潔にする

お金は大事。チャンスを掴む為の準備金は必要

この辺は母親がず〜っと言ってきたことです。

どうにも出来ない事にいつまでも拘ると、自分が出来るはずの事が出来ないんですよね。

この考え方があるから、めちゃくちゃ欠点があっても「何か自分にだって出来る事はあるんだ!」って思うんですよ。

育まれた自立心

とにかくスゲーじゃん!

って言ってくれる母親。

イラストを描くのが好きな私に、「漫画家になれなくても、職場とかでちょっと描いてって言われるかもよ」って言ってくれました。

浪人しても大学に行きたいという気持ちを尊重してくれて「その気持ちが大切。どうしたいかって言わなかったら私は何もしない。」ってナチュラルに退路を断ってくれました。

夫の事は「旦那さんのお陰でお家が綺麗になってるね。あんたの事とっても大切にしてくれるいい人だねぇ」って言ってくれた。

私がやりたい事は犯罪行動でない限り応援。意外と出来る事じゃ無いかも。

自分の子供にどうなってほしいか?

もしかしたら母親には母親なりに「こうなってほしい娘像」ってのがあったのかもしれませんが、押し付けられた事は無いし多分それにはなっていないです笑。

今の所お腹の子供は女の子の予定で、どんな人間になるのかなぁと妄想が膨らみます。(頼む〜、生まれてきてくれ〜)

自分みたいなヤツになったら嫌だなと思いながら、でも自分がされた心地いい事は何とかしてあげたいなとも思ったり。

とりあえず、他人に極端に依存しないと生きていけない人にはなって欲しく無いとだけは思います。まぁなるよーにしかならないので見ておきます。

おばばのスタンスは変わらないみたいです

求められれば出来るところだけ与える

という教育スタンスは孫に対しても変わらないようです。

とりあえず、長生きしてほしいなーと思う次第。

今度はあったかい時期に来てね、といってお別れしました。

 

以上!