ワタシがお母さんになっても

丁寧じゃなくても幸せな子育てはできる!

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

【3歳児】ハム子、口喧嘩をする

ちょっと前までアブアブ言っていたハム子、ついに口喧嘩なるものを始めました!!!

公園で、年上の子と遊ぶ

同じ歳〜少し上くらいの子と遊ぶのが好きなハム子。

その日は年上の女の子と遊んでいました。

相手のお母さんとほっこりした気持ちで眺めていたら、不穏な空気に。

ハム子が使っていた遊具に、年上ちゃんが本来とは違う乗り方をしてきました。

NOと言える3歳児、ハム子

「嫌なことは嫌!」と言えるのは一種の才能だと思うのですが(親バカ)、ハム子は大きな声で「嫌!」と言います。

年上ちゃんの行為に「危ないからやめてほしいの!」と大きな声で言っていました。

私は(そうだな〜、他の人が使ってる時はやめて欲しいな〜)と思いながら年上ちゃんがどくのを待っていました。

素直になれないお年頃が誰にでもある

年上ちゃん、遊び方を否定されて意固地になってしまい、「いいの!今はこれがしたいの!」と大きい声で応戦。

ああ、ハム子が大きい声で言っちゃったもんね…。

そして止めにお母さんが入っちゃったので益々拗れました。

「年上ちゃんの方がお姉さんでしょ、わかるよね?」と。

イヤーん、そんな言い方しないで…。

と思いつつ、ハム子をそっと別の場所へ。

「おともだちなんてきらい!」をお互いに言い合って、ギスギスしたムードになりました。

子供が喧嘩した時の仲裁って難しい

それぞれに事情があるし、大人のルールでも難しい。どこにゴールを設定するかでお互いの満足感が違いますね。

子供だから、って私が入っていくのも違う気がするし。

身の危険や、大きな混乱が無い限り見守るスタイルなんだけれども、相手の親がその場にいるからまた厄介だな、と。

年上ちゃんのお母さんも、私がいる手前、年上ちゃんのルール違反?を嗜めて、年上だからこそわかるはず、と言い含めなければならないと思ってしまったのかも。叩いたり蹴ったりしないし、バカとか言わないから全然大丈夫!と思ってる私とは違う…。

次の日は仲良く遊ぶ

小学生位になると、次の日も気まずかったりするんだけれど、まだ彼女達は水に流す力を持っていました。

ハム子は気にせず「一緒に遊ぼ!」と仲間に入りたがるし、年上ちゃんも優しく「これ使っていいよ!」とおもちゃを貸してくれる。

相手のお母さんとも、「昨日はどうも〜!なんかすみせん〜!」て話してマッタリ見守りを始めたり。

ある程度、気持ちをぶつけ合うからこそ、水に流せるのかなとも思ったり。

ワダカマリを抱えたままだとギクシャクするのね、と学んだ一日でした。

以上

 

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリー)

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリー)

  • 作者:shizu
  • 発売日: 2013/12/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

お勉強中です…