てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

結婚して変わったこと、変わらないこと、変えたいこと。結婚記念日を迎えました。

なんてことは無い、6月1日。

実は結婚記念日です。

f:id:mamashizue:20160530164957j:image

地味に日付が刻印されてます。

この日にしたのは特に理由もなく、「必要書類が揃った、一番覚えやすい日付」。

まぁジューンブライド(笑)でいいじゃない、と婚姻届を提出して来ました。

最近妊娠したせいもあってか、何となく結婚して自分はどんなふうになったのなぁと考えるようになりました。


考えるキッカケになったブログ記事

 

結婚したら自分はどうなりたい、パートナーとどう過ごしたいと思っていたんだろう、とふと振り返ってみたくなったのです。

私の中の「とにかく自由でありたいという衝動」 - LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

「不自由になるために結婚したんじゃない!」ってめっちゃかっこいい。

【#ミニマリスト】結婚したら仕事を辞めるの? - 風街BREEZE

「自分が養う」ってなかなか言えないですよね。私も、自分が使う分は自分で稼ぎたいです。

変わったこと

変わったことは、名前の他にもたくさんあります。

「やっと真人間になれたね!旦那さんのおかげだね!」と周りから言われる程度には変わったようです。ついでに運気も上昇したような気がします。

 

人間らしい生活が出来るようになった(当社比)

 

とにかくだらしなくて、夫と結婚する前から注意されていました。

玄関は靴を出しっぱなし、流しには食器がたまり、リビングはゴミだらけ。服もたくさん持っているのにどれもくたびれていて、清潔感ってナニ?って感じでした。

学校や職場ではきちんとできるのに、家では掃除や片付けが出来なかったけれど、夫と生活するようになってからはお家をきれいにした方が居心地がいいし、喜んでもらえる!と自然と綺麗にするようになりました。もちろん、夫も掃除に積極的に参加してくれます。

料理がだいぶ上手くなった

 

毎日作るようになったからでしょうか。私の料理はいつもギャンブルで、勝率は3割。食べられなくないレベルが4割、あとは失敗レベル。レシピ通り作れないことが原因ですが、それ以上に定番の味付けを覚えないでアレンジを加えてしまう事で失敗、というパターンが多かったのです。

夫からは「毎日同じものでもいいから、安定供給をお願いします」と頭を下げられてしまってようやく目をさまし、ふつーの味を目指してふつーの料理を作るようになりました(^^)

お酒を飲まなくなった

 

かつては浴びるほどお酒を飲んで、完全にお酒に飲まれていました。

酒癖も悪く、周りに迷惑をかけてばかりだったのですが、夫と生活するうちに酒量が減り、お酒じゃなくても十分に楽しめる事が分かりました。だいぶ弱くなりましたし、二日酔いもきつくなってきたので、変なチューハイを飲むくらいならサイダー下さい!と言いたくなる位、お酒への興味が無くなってきました。(でも他の人がおいしそうに飲んでると飲みたくなっちゃう)

変わらないこと

 

他人と自分は全く別物であるという考え方

でしょうか。

もともと世の中の物には(森羅万象っていうの?カッコイー!)、それぞれの役割がある。得意な物、不得意な物がそれぞれあって当たり前!同じ親から生まれた兄弟だって食べ物の好みは違うし、似ていても顔も違う。好きな物も興味を持つものも違う。だから、以心伝心なんて通常はあり得ないし、そこまで行くには時間の共有とお互いへの興味関心が強くないと成り立たない。

そんなことを考えています。もともとそういう考え方を持っていましたが、夫と暮らすようになって「この人と私は同じ種族だけど、全く別の個体なんだ」とより強く認識するようになりました。

家事を分担しようと思っても、やり方が全然違うので軋轢が生まれたり、タイミングが悪くてお互いの邪魔をしてしまったり。

初めは「なんでわかってくんないの?!」とぷりぷり怒っていましたが、情報共有が出来ていないんだもの、そりゃ共存は難しいわ、と気づきました。

私は夫ではないし、夫は私ではない。

その時々でベストだな!と思える役割を担っていく事でお互いが快適に暮らせるんだろうなぁと思っています。

変えたいこと

 

運動の習慣を付けたいです。

これから30代。病気やけがのリスクは高まっていきます。そういうものを遠ざけるため、軽く運動する習慣を付けたい。また、子供が生まれれば身体を動かさなければならない機会が増えるはず。そういうのについて行けるように、健康を守れるように、運動したいなぁと思っています。 

結婚前思い描いていた結婚生活

 

多くの人が思うように、「結婚したら独身の時のような自由は謳歌出来ないだろうなぁ」とぼんやり考えていました。

でも私が謳歌していた「自由」は体力とお金を削って作り出されているもので、結婚したからという理由だけでなくなるようなものでは無かったなぁと思います。

独身時代と言えば、仕事のあとお酒を飲みに行って、そこで晩御飯も済ませて(しかも一人でカウンターで飲んでた!)、シメにつけ麺というコースをほぼ毎日。たまに遠方の友人と旅行に行きましたが、年に1回程度。あとは会社関係の飲み会があったりして、休日は何もせずにキタナイ部屋で寝ているだけ。

何も気にしないでイイと言う点では「自由」かもしれませんが、いつも疲れていたし、ブクブク太って肌もボロボロ、疲れが取れなくて仕事も満足にこなせないという、ただただ自堕落な生活でした。

結婚後は、夫が早起きなもんで一緒に起きて朝から家事が片付くし、外食よりも家でごはんを食べたいと言われるので自炊をすることに。1汁3菜にしろとも言われないので結構な手抜きになることもしばしば。自炊すると野菜をたくさん食べられるし、お金を使わないから貯金が増える!そしてその貯めたお金で好きな事ができる!健康的な食事を食べていれば病気にもなりにくい!太りにくい!

とまぁ結構な好循環になったのです。夜遊びには行けなくなったけれど、夜しか会えない友人とはこの先付き合って行けないのでまぁ、仕方ないのかしら。縁があったらまた会えるよね。

結婚して良かった!と思える相手と出会えてよかった

 

結婚願望はあまりありませんでした。「いい相手が居たら結婚してもいいかな。ダメだったら、またやり直せばいいし」とか軽いこと考えてました。

今となっては、結婚を言い訳にして転職できたし、一人暮らしの寂しさから解放されたし(また一人暮らしだけど)、真人間に近づけたしでいい事ばかりです。

何よりも、自分の家族以外に自分の事を大切に思ってくれたり、大切に思える人が出来たのは私にとってはすごくプラスな事だと思っています。親しい友人でも踏み込めないラインは必ずあるし、踏み込んできてほしくないラインもあります。でもちょっとでも寄りかからせてくれる相手がいる事で、疲れた時は立ち止まる事が出来るし、力が湧いてくるような気がします。

これから環境が変わってしまって、いつまでもこの関係は続かないかもしれないけれど、今、この瞬間はまぁ、楽しいし幸せだからいいかな~。そう、思います。

 

以上!