てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

夫、初めて予防接種に連れて行く

娘ハム子、生後4ヶ月となりました。

今の所すこぶる健康で、予防接種のスケジュールは淡々とこなしています。

 

先日は3回目の接種で、夫が念願の付き添いに成功しました。

夫の休みに合わせるため少し遅らせる事になってしまい、内心舌打ちをしている鬼嫁でございます。

 

当日は四月上旬にも関わらず暴風雪といってもいいくらいの悪天候。前日は暑いくらいの気候だったのに。北海道の三寒四温はエゲツないですね。

 

歩いていける距離ですが、車で診療時間目掛けてクリニックへ。

風でドアが全開になって焦りました笑。

 

問診票は事前に記入、体温もお家で測定しておきました。

予約制なのでサクサク呼ばれ、ハム子はいつもの通り笑顔で先生に対応。

ロタ、ヒブ、四種混合、肺炎の予防接種を執り行い、いつもの通り号泣。

そろそろ病院が怖くなるのかしら。

 

服を脱がせたり着せたりハム子を抱っこさせたりは夫が全て行い、受付と支払いは私がやりました。

二人いるとめっちゃ楽だなぁと思いつつ、次は一人で行かせようかなー。問診票も自分で書かせようかなー。とか思いながら横で見ていました。

ハム子と触れ合う時間が私の5分の1以下なのでモタモタするのは仕方ないとして、何が必要なのかは知っておいてもらいたい。

 

明日、自分が事故にあうかもしれない、死ぬかもしれない、病気になるかもしれない。その時、夫や他の人が急にハム子を育てることになっても何とかしておかなきゃ行けないなぁとか既に思ってますね。

一応資料はまとめてあるし、家の物も分かるように配置してあるつもり。

今回こうして夫が「行きたい」って言ってくれたので一緒に予防接種行ってみました。

次回も出来れば合わせておきたいなぁ。

 

帰宅してからすやすや眠ってるハム子の様子を見ながら「頑張ったもんね」と声を掛けていました。

こうしてゆっくりみんなで家族になっていくのかな。

 

以上

 

ワクチンは怖くない (光文社新書)

ワクチンは怖くない (光文社新書)