てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

フロス使うと口内環境の現実を知らされる

去年あたりからフロスを常用し始めました。

常用といっても、毎日はしないです。面倒なので。

きっかけはこちらのブログ。

【口臭対策】オーラルケアをレベルアップ【ドブ臭】

口の中がドブ臭くなるという表現に惹かれました笑

そんな臭いものを他人と会話するのに使っているのかと思うと少し心配になりました。

綺麗にしてても口臭かったら嫌だし、意外と女性でも口臭気になる人に出会うことがありますからね。

 

初めてフロスを使った日

ドブ水という表現が正に当てはまりました。

くっさ!

こんな臭いのを携えて生きてたのかよ…と。

歯並びの関係で歯ブラシでは取れなかった歯の間の汚れがありました。歯茎から血が出るくらいゴシゴシしても取れなかったのですが、フロスを使ったら2回くらいで取れました!

これは地味に嬉しかったです。

奥歯には意外と物が詰まっている

前歯なら物が挟まると見えやすいし、気にしやすいですよね。

でも奥歯って思ったより歯垢が残っていたり、食べ物のカスが挟まっていてびっくりしました。

慣れれば大丈夫

フロス使いたての時って、歯茎をグッサリ切ってしまいそうという恐怖心が強いし、強くゴシゴシすると血が出てしまうので歯茎に悪いんじゃないか?と思われると思います。最初は比較的やりやすい前歯近辺で馴らして、徐々に奥の歯に移るといいんじゃないでしょうか。

真っすぐ歯茎に向かって入れるというより、歯に当てながら徐々に歯茎のほうに上げる(もしくは下げる)と汚れも取れますし、歯茎グッサリで流血!ということも減ると思いますよ。ちなみに歯茎のほうが慣れるまでは多少流血します。歯医者でやってもらってもたまに流血しますので、多少出てもあまり気にしないでくださいね。

初めての方は必ず「ワックスタイプ」をご利用ください。そうじゃないと滑りが悪くて無駄に力が入ってしまいます。永久歯を抜いてしまうかもしれませんよ!!!!