てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

お風呂とわたし

スワンボートは全力で漕ぎたい。しずです。

人気ブロガーの☆←ヒトデさんの記事を読んで、自分はどうかしら?と思いましたので書きます。

 

hitode99.hatenablog.com

 

 

小学校に入る前までは、お風呂が大嫌いでした。

 

キタナイちゃん (バイキンなんかにまけないぞ!)

キタナイちゃん (バイキンなんかにまけないぞ!)

 

 こんな感じ。(いや、細かくは覚えていないけれど・・・。)

今は亡き父が入っていた宗教(怪しいやつじゃないよ!たぶんね!)で、子供に肌身離さず持たせるお守りがあったのですが、それを無くすとめちゃくちゃ怒られました。お経読まされるし。

お守りがキャワイイやつならいいんですが、紺色のぼろぼろの布、ジャージの紐かな?と思わせるような太い水色の紐で首にくくられ、恐らく父の手作りでした。それを保育園のお友達に見られ、バカにされ(正確には「それは何?」と聞かれてうまく答えられなかっただけ)、当時は自分がお姫様だと思い込んで毎日スカートをはいていたアイタタな幼女版私は、「こんなのイヤ~!」と思って保育園に行っている間は外していました。

今でさえモノをよく無くすのですから、保育園児ならなおさら。

外す⇒なくす⇒お風呂の間は神棚に出さなければいけない⇒ばれる⇒怒られる⇒読経

のワンセット。

なんでこんなことしないといけないの?と子供心に思ったものです。

いつのまにか無くなりましたけどね。お守り。

まぁ当時住んでいたお家のお風呂にシャワーが無くて、頭洗うの大変だったしね。目にシャンプーが入ってしまった時は大変。兄と一緒に入るといじめられるし。なんやねん。

天パが炸裂!小学生の時は「濡れたくなくて」

 

小学校の時は、母親譲りのくせ毛、というかすでに天然パーマが炸裂して、ネコのように体が濡れるのを嫌がりました。だって頭が膨らんでバカにされるんだもん!

あだ名は「オバハン」でした(泣)

今のように縮毛矯正の技術が発達している時代ではなかったし、家族もそのへん無頓着だったので放置されてました。

また、今でも乾燥肌で冬は粉をふくのですが、小学生くらいの時はアトピーがひどく、お風呂に入った後に薬を塗らなければならない。それが当時すごく嫌で、お風呂を避けてました。

しかし臭いと言われるよりは良いということで、日本ではバッチイかもしれませんが二日に1回くらいはちゃんとオフロ入ってました。

運動部故の悲しみで、長風呂をしていた中学生 

 

中学校はバスケットをやっていたので、きちんと毎日お風呂に入っていました。思春期ということもあり、見た目に気を遣いたい(特に髪)一心で、ヘアトリートメントをしたりとお風呂に時間がかかっていました。

部活の子達も、汗のにおいやわき毛に厳しく、雑だと人間失格のような目で見てきました。(まぁ、接触スポーツなのである程度はエチケットとして・・・。)

だいたい1時間くらいは余裕で入っていたので、「どこにそんな洗う所あるんだよこのまな板が!」と母や兄に怒られていました。ひどい話です。

そんな中、父だけは私のくせ毛が可哀想と思ってくれたのか、トリートメントと称した手作りの何かを頭に塗ってくれていました。でも何か・・・・。臭くて・・・。カニの甲羅とかエビの殻由来のタンパク質が入ったサプリメントのようなにおいがしました。

思春期真っ盛りだったのも相まって、そのトリートメントは即刻処分しました。父も無視し続けていました。ひどい話です。

風呂へのこだわりは特に無い高校時代

 

高校~はシャワーとかに憧れてたと思います。風呂の記憶がない・・・なんでや。恐らくお風呂は普通に入っていたと思います。バスソルトとかそういうのは好きだったんじゃないかしら。(曖昧)

 

身体を癒したい、お風呂への想い

 

最近お風呂は好きですね。湯船に浸かる、血行が良くなってすごく気持ちがいいです。

ただ、頭を乾かすのが面倒です。色々早くする方法探しているのですが、やっぱりボウズしかないのかな!って思っちゃうくらい乾かすの億劫ですねぇ。

今は肩につかないくらいの長さで、

タオルドライ⇒頭にタオル巻いて歯磨き、風呂掃除、スキンケアなどをやる⇒寝る前に乾かす

という流れです。

元気のある時はドライヤーで乾かしている間にオイルプリングやります。もしくはスクワット。一つの作業をやり続けるのが飽きちゃうみたいですね。

 

おとこのこだったらな~。

 

 

以上!!!