てけれっつのパ

丁寧じゃなくても幸せな子育てはできる!

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

私の友達は、美人が多い。

こんにちは、ゆとりのしずです。

就職活動の時、面接対策に付き合ってくれた友人に、

自慢できることって何かある?と聞かれました。

 

アンサー

身体が丈夫

嫌なことすぐに忘れちゃう

友達に美人が多い

 

 

でした。

えっ…と付き合ってくれた友人(女)に、あ、貴女もそこに入ってる、

と付け足すのも忘れなかった。

というか、本当に美人だとおもう。性格的にも、造形的にも。

これには男性からも定評があり、いつも友人を紹介せよ、と言われていたが、私なんかに女性を紹介して欲しい、といってくるような男性に、大切な友人を任せることは出来ないので丁重にお断りしました。

 

女性として自己肯定意識が低かったのは、もしかして昔から友人が美人すぎたからなのではないか?と思うくらい、多かったように思う。いや、彼女たちのせいではないのだけれど。

私はいつも友人の事が好きだという男子の相談役で、むしろ彼女たちは男子が私のことを好きなのでは?と勘違いしてきて男子はとても可哀想な事になっていた。何かごめんよ。

 

中には芸能活動にいそしむコもいて、今日は勝手ながらその人の事を応援している!!という記事を書こうとしている。

彼女は、賢く、ひたむきで、美しい。

昔から褒めすぎだと叱られるのだけれど、同じ女でも憧れる。

住む場所が離れてしまったので随分疎遠になりましたが、頑張ってる姿を見ると、やっぱり素敵だなと思う。

 

やりたい事を持って、それに向かって全力で取り組む。

自分にはない夢、を持っている人を見ると、

 

「そんなことできるわけないでしょう、諦めなさい!」なんて過保護な母親みたいなことを言いながら、

「早く痛い目を見て挫折してしまえばいいのに!」と考えてしまうこともある。

でも

「夢が叶って欲しい」

と強く思う。

こじらせている…。

自分の常識に当てはめたいのかね、そういう気持ちなのかね!

 

何か暗くなってきちゃいました…汗

 

何はともあれ、一度は彼女のステージとか舞台を観てみたいなぁ、って思っています。

 

木村梨乃ちゃん。

 木村 梨乃 フルートから始まる音楽の世界、リノ のアーティスト活動 公式ページ

 

 

おうえん、しています。 

以上!!