読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

夫が転勤!その後一転

こんにちは。ゆとりのしずです。

 

先日、夫の転勤が決まりました。

 

 

mamashizue.hatenablog.com

 からの。

 

mamashizue.hatenablog.com

 

夫:旭川

私:札幌

の遠距離週末婚の幕開けかと思い、いい感じのお部屋も探していました。

 

先日の夕食で、お取り寄せの水炊き食べてご機嫌だったのですが、

 

夫「札幌と旭川の中間地点で一緒に住まない?」

 

という提案

 

私「やだね!」

 

 

と秒で断ってしまいました笑

 

中間地点というと、美唄という場所らしく、だいたい通勤時間は1時間。

そんな時間ないよ!朝起きるしんどいよ!今でも朝ごはん作るの結構さぼってるけどそんなんでいいの?!東京で働いている人たちの通勤一時間と北海道の一時間は違うのよ!大体家あんの?!やきとり?!やきとりしかないじゃん!!!!

 

と、怒涛のごとく反論してしまいました。

 

さすがに夫もしょげてしまい・・・。

大好きなはずの鶏肉を、もそ・・・もそ・・・と食べている姿はあまりにも可哀想で、一応、通勤の電車がどのくらいあるのか、特急だとどのくらい時間がかかるのか、駅の近くに良いお部屋はあるのかなどを調べました。スマホって便利。

お家、いいのありましたよ。

二人が別々に暮らしたとして、家賃負担額が約倍、水道光熱費も倍、週末会いに行くのもお金がかかる。私達は遠距離で付き合っていたので、そのたまに会う日に体調を崩したりするととてもしんどい。

金銭的な事や、身体的な事、そして何より普段「これがやりたい」「これがほしい」「こうしてほしい」などの要望を全く言わない夫が、一度別居するということに決めた後、私と一緒に暮らしたい!と主張してきてくれたことがとても嬉しく思ったことに気づきました。

一緒に暮らしたくて結婚したのに、結婚して1年で別居というのも味気なく、まだ子供もいないし若い(一応)ので、まだまだ新しい環境で暮らしてみるのもいいなぁと思いました。

そういえば、夫は生まれも育ちも就職しても札幌。他の地域で一人で過ごすという事に少なからず不安や寂しさがあるのかもしれない。それを妻である私が「めんどくさい」の一言で一蹴するのもなんだか可哀想だな。と。

 

そんなわけで、

 

私「やっぱり一緒に暮らそう。美唄に何か新しい出会いがある気がする!」

 

夫歓喜

 

 

ということで、札幌での転居ではなく、札幌市から出ます!

相変わらず本格的な転居の時期は決まっていませんが、別居する~。と決めた後、なんとなくモヤっていた心が晴れた気がします。

 

近年親しくしていた友人が結婚したり、転居したりで寂しいなぁと思っていましたが、そうも思っていられないようです。

今ある家具はそのまま持って行き、今より一部屋多いお家で暮らせそうです。これなら友人や母親が泊まりに来ても大丈夫!あまりモノは増やしていないつもりなので、ひろびろとしたお部屋でのんびり暮らせそうです!

美唄で発見したこと、思ったことがネタに出来そうでいいですね!(笑)

がんばるぞ~!

 

 

以上!!!!