てけれっつのパ

自分が夢中になれるものを探しています。

結婚生活 |シンプルライフ |お料理 |メンタル |妊娠 |家族 |読書 |おでかけ |雑記 |

憧れる、という気持ちを大切にしたい

こんにちは。

ゆとりのしずです。

 

シンプルライフ・・・定義はナゾですが、響きがかっこいいと思いませんか?

最近気づいたのですが、私はどうやらミーハーなところがあるようです。

雑誌に載ってる生活とかちょっと憧れる。

 

ファッション誌に載ってる、着回しカレンダー的な生活、一度でいいからしてみたいなぁと思っています。

 

今日はプレゼン!センパイにアドバイスしてもらったところ、頑張ってみたらうまく行きそう!白いシャツをインして気合入れちゃうぞ!

プレゼン終わりにセンパイにご飯誘われちゃった!アフター5は髪をダウンにして、雰囲気を変えよう☆

 

みたいな。

分かってます。そういう「リアルな」生活は存在しないということを。

でも、そういう事をしたいんだ!という自分に気づいて、「どこかに取り入れる事はできないかな?」と考えるのはアリだと思います。

 

社会人になるまで、部活やサークルの中で「自称男前キャラ」として生きてきた私としては(こういう女が一番うっとおしいと分かっていなかったんです・・・正直痛いかも)、↑のような、「女の子らしい気持ち」を表に出すことに抵抗がありました。

会社に入ると、「女性としてのたしなみ」があまりにも欠けている、とお叱りを受け、気配りや服装なんかも気にするようになりました。もちろんお化粧もするようになりました。・・・今でも下手ですけど。

そうしていくうちに、女性ならではの楽しさや、ワクワク感を覚えるようになり、同時に自己肯定も出来るようになったと思います。

 

私は女性らしいことをしてもいいんだ!

おしゃれしたいと思ってもいいんだ!

この気持ちは変な事ではないんだ!

色んな事やってもいいんだ!

 

そういう考えが自分の中に芽生えました。

 

もちろん、大学時代の友人の中には

「こんなのしずじゃない・・・」ということを言ってくる人もいますし、家族にも言われることがあります。

そんな時は、

「うん、そうだね。昔とは違うかも。でも、今の方がたのしそうでしょ?」とそっと反論することにしています。

 

自分の人生は自分のものですし、自分の幸せは自分で作るものだからです。

 

相手のせいにしてはいけないし、周りに左右されるようならそれは自分のものではないからです。

 

憧れる!

ステキ!

こういうことしてみたい!

 

という感度って、一度鈍るとなかなか復活しなかったり、鈍っていく一方になりがち。

だから、そういった内なる欲求のようなものを大切にしていきたい。

 

そう、おもうんですよね~。